« やる気なし(ブログのうつ病) | Main | ギロン議論 »

August 01, 2005

議論は勝ち負けぢゃないよ

議論は勝ち負けではありません。

「議論は勝ち負けぢゃないんだから~云々。」とか、「いや、議論は勝ち負けだ!」などの対立する意見があります。 どちらも正しいと思います。 ですが、私は、「議論は勝ち負けではない。」と言いたいです。

【議論について異なる考えを持っている派閥】

・勝ち負けぢゃないよ派
・議論は勝ち負けだよ派
・どっちでもいいよ派

では早速、それぞれの意見を聴いてみましょう。

【議論は勝ち負けぢゃないよ派:A子の意見】

議論は勝ち負けではありません。 勝ち負けにこだわってしまうからこそ、相手を言い負かそうと必死になって、誹謗中傷を行ったり、相手を卑下したり嘲笑したり、変なレッテルを貼って罵倒したりするのです。 また、自分が負けないようにするために、論点をずらしたり、質問攻めしたりして議論を混乱に陥れようとさえします。 そんなのは議論ではありません。

勝負に固執せず率直な意見交換を行えば、発展性のある、より建設的な議論ができるハズなのです。
よって、「議論は勝ち負けではない。」と主張します。


【議論は勝ち負けだよ派:B作としての意見】

議論は勝ち負けである。 議論とは、論理的な説明で如何に相手を説得できるかを競うゲームなのだ。 ある議題に関する、異なった意見のぶつかり合い。 それらの意見の主張と根拠が持つ論理性と説得力が最も強いもの――意見の対立者をも、「うーん…まいった。」と唸らせ納得させた者が勝つのである。

議論に負けた側は、その場はさぞかし悔しいだろう。 だが、別に悲観することはない。 次のゲームのカード(=新たな議題)が配られるのを待てば良いのだから。 または、自分がゲームの親になって新しい議題を振ればいい。 そして、頭脳を駆使して勝てばいい。

要するに、チェスや将棋と同じであって、論戦ゲームを楽しむように議論すると良いのである。 次の対局を打ってくれる(かもしれない)相手を互いに尊重し合った上で討論を交わせば、自ずと議論は白熱し面白いものになるハズだ。 論理と論理の対決の先に勝敗がある。
よって、「議論は勝ち負けである。」と主張する。


【議論ねぇ…まぁどっちでもいいよ派:C男】

んー、どっちでもいいんぢゃね? 炎上ブログの罵倒合戦なんかは、(本来の「議論」ではないにしても)見てて面白いし、口汚い表現がキライな人は見なけりゃいいってだけの話で。 あ、これは「勝ち負けぢゃないよ派」への否定意見だよ。 「見なけりゃいい」は全然反論になってないかもだけどねー。(汗)

「勝ち負けだよ派」の意見に対しては、ディベート慣れしていない日本人には、その考え方は到底ムリぢゃないの?と言っておきましょうか。
ってワケで、面白くてためになる議論を展開してくれれば、傍観者のオレとしてはどっちでもいいです。 あ、「面白くて」「ためになる」は、OR条件でお願いしますよ。


【まとめ】

理想としては、議論に参加する者全員が「議論は勝ち負けだよ派」的な考えを持っていてくれれば最高なのですが、それはたぶん……いや、十中八九まず無理でしょう。 論争に負ける=自己の全否定と受け取ってしまう人は多いと思います。 で、意地になって反発する。
勝敗に固執して感情的になるよりも、ここはいったん勝ち負けから離れた所で冷静になって議論に臨んだほうが、有効・有益で殺伐(*1)とした濃い議論が期待できるかと存じます。

「議論は、勝ち負けではありません。」

以上です。


後半戦:ギロン議論へ続く。


(*1)
「殺伐」という言葉をわざと選びました。 ここでは、「感情の入らない、事務的な遣り取り。」の意味として使ってます。 ただし、全ての感情表現を排除すべきとは思っていません。
議論に参加すること自体が、既に感情表現の一種だと考えます。 まあでも、意志と感情は異なるので、議論の場において発言する行為は、感情よりも「意思表示」の色が強いと思われます。


参考:
論理破綻議論の不思議(高樹洸のWebColumnさん)

|

« やる気なし(ブログのうつ病) | Main | ギロン議論 »

Comments

はじめまして。
読んでいて、ふと思ったことですが・・

議論は勝ち負けではないと言う人ですが、
多分、勝ち負けにこだわって、自分の意見に
固執したら、見えるものも見えないという意味で言っているんじゃないかと思います。

議論は勝ち負けだと言う人は、議論に負けたからといって、人格を否定されるわけではない、相手が正しいと思ったら、自分の勝ちに
固執するなという意味ではないかと。

結局、どちらも同じことを言ってるんじゃないかと思うんですが。

情に流されやすいとか、論理的でないとか、
融通がきかないとか、伝えるのがへたとか、
人それぞれ癖はあると思うんですが、相手に対してちゃんと向き合う姿勢があるなら、それは大きな欠点ではないと思います。

一番やっかいなのが、最初から相手をバカにして、聞く耳を持たない人じゃないかな。
私も、嫌いな相手の言うことだと、なかなか
素直に聞けません。

・・て、ながながとすみません。

Posted by: kumi | August 02, 2005 at 11:02 AM

Takoさんは、「議論は勝ち負けだよ」と(本音では)思っているけど現実としてそれでは通じないことが多いので「勝ち負けじゃない」と「いうことにしている」のでしょうか?

kumiさんの意見にも重なるけど、
上の論点だと、どちらも「勝ち負けにこだわる」意見ではないですよね。
でも、実際は必要以上に勝ち負けにこだわる人が多いんじゃないかと思うんですよ。
「論争に負ける=自己の全否定と受け取ってしまう人」
こそ、勝ち負けにこだわり、論理のすり替えと罵倒合戦に持ち込む確立は高いんじゃないかと思ってます。

私は「議論は勝ち負け」だとは思ってません。
私は「言い負かしたら負け」だとおもってるんで…。
…ってそれ何度か言ってるかもしれませんね。

Posted by: Lefty | August 02, 2005 at 06:48 PM

kumiさん

はじめまして。

>結局、どちらも同じことを言ってるんじゃないかと思うんですが。

ご推察の通り、実は、それが拙記事の狙いなのです。 A子さんとB作さんの議論についての理解は似ています。 ただ、両者とも「議論」を別の側面から見た結果、それぞれの主張に違いが生じているのです。 と、解説しておきます。

>相手に対してちゃんと向き合う姿勢があるなら、それは大きな欠点ではない

真摯に対応する姿勢があり、その態度を感じることができれば、多少のミスは許容されると思います。 ただし、文字の遣り取りでは簡単な言い間違いでも誤解が起きやすいので、注意は必要でしょうね。

>やっかいなのが、最初から相手をバカにして、聞く耳を持たない人

確かに厄介ですね。 しかも、そういう輩が多い。 たぶん、彼らは自分が常に優位な立場に居たいから、相手をバカにするのでしょうけど、そうした「相手を愚弄する発言」そのものが彼らの品格を貶めていることに気づいて欲しいものです。 自らの発言によって自分自身の評価を落としていれば世話ないですから。

>嫌いな相手の言うことだと、なかなか素直に聞けません。

好き嫌いの感情を切り離して、書かれた言説だけを冷静に読みとろうとするのが「モヒカン族」らしいですよ。


・・・

Leftyさん

>「議論は勝ち負けだよ」と(本音では)思っているけど現実としてそれでは通じないことが多いので「勝ち負けじゃない」と「いうことにしている」のでしょうか?

はい、そうです。

ここで、もし私が、「いや違う、オレは『本気で』勝ち負けぢゃないと思ってるんだ!」と強固な姿勢で反論してきたらビックリしますよね?(笑)

でも、1つだけ誤解しないでいただきたいのは、「議論は勝ち負けぢゃない」という私の主張は建前ではありません。 本音でも建て前でもない、いわば妥協策のようなものです。

>でも、実際は必要以上に勝ち負けにこだわる人が多いんじゃないかと

多いと思います。

>私は「言い負かしたら負け」だとおもってるんで…。

そのルールは良いですね。 ただ、Leftyさんが「言い負かしたから今回はオレの負けだ。」と思っていても、相手は「完全に論破された。悔しいが負けだ。」と思っているかもしれません。 それだと(相手にとって)意味ないかもです。

相手の主張を論破しつつも、対戦相手に屈辱感を与えない勝ち方ができれば、スッキリとした議論ができるのになあ。 しかしながら、参加者全員が有意義に感じて、負けたラオウも天に拳を突き上げて、「我が生涯に一片の悔いなし!」と言って終わる議論はまず無いでしょう。

特に、Webの掲示板やブログでは難しいかと。 でわでわ。

Posted by: TAKO | August 02, 2005 at 11:40 PM

こんばんは。

>やっかいなのが、最初から相手をバカにして、聞く耳を持たない人

もっとやっかいなのが途中から相手をバカにする人。
そしてバカにすることで「聞く耳持たん」と宣言しているのに、聞く「ポーズ」は維持する人。

冷静に議論しようとしても、相手から理不尽な否定や、議論と直接関係ないような罵倒を浴びせ続けられれば、どうしても嫌味のいくつかを返してしまいますね。

そういう相手には、ただ一度意見をぶつけるだけで、以後議論はしないという姿勢でいた方が良いのではないかと思います。
論理にも文章にも隙をつくらずに意見するのが前提ですけど。。

Posted by: ピーちゃ♪ | August 05, 2005 at 03:54 AM

ピーちゃ♪さん

>もっとやっかいなのが途中から相手をバカにする人。

それは、「議論の途中で態度を変えてはいけない。首尾一貫した態度で議論に向かうべきだ。」という意味ですか?

Posted by: TAKO | August 11, 2005 at 09:43 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48425/5274261

Listed below are links to weblogs that reference 議論は勝ち負けぢゃないよ:

» 批判について考える [BLOG STATION]
あなたは、自分の意見が批判されたとき、どんな風に感じますか? ■価値観って、人格の一部でしょ? 「○○って映画を見たけど面白かったよぉ」「それって宣伝先行のクソ映画でしょ。しかもパクりだし」「ねぇ、どうして私にケチをつけるの?」「えっ? 映画にケチはつけたけど、君にケチはつけていないよ」「ひどい。バカにしているのね」  (はてなグループ:モヒカン族 - キーワード「ムラ社会」)私たちは全... [Read More]

Tracked on August 02, 2005 at 11:50 PM

« やる気なし(ブログのうつ病) | Main | ギロン議論 »