« 職安と2匹のネコ(の続き) | Main | 先週のランキング(2005.5.16-5.22) »

May 26, 2005

発言が削除されるそうなので

ここに書くことにします。

【大前提】

私(TAKO)は、「記事」に対して言及しています。 人格を否定するつもりは全くございません。←ココ、重要。
ただし、矛盾している(と思われる)点については率直に書く姿勢でおりますので、何卒ご了承ください。

これまでの遣り取りの詳細は、拙記事「トラバの操作方法を語る前に」を参照してください。

【発展性とは?】

~ ひなたぼっこ管理人:SOBAさんのコメントより引用 ~

貴殿とのやり取りは発展性がないと判断しましたので、これ以降貴殿のコメントは削除させていただきます。

なんでそ~なるの!? 意味が分かりません。

「発展性」とは、イエスマンのことなのですか? と、指摘されても仕方ないでしょう。

脱力。 なんだか急にやる気がなくなってきました。 僕はもうだめぽだよ、ママン。_| ̄|○

上記のコメントがもし、私の今後の発言意欲を萎えさせる目的だとしたら、「大佐、あなたの作戦は完璧です。」(逆襲のシャア:ナナイ・ミゲルのセリフより抜粋。)と言えるかもしれません。

【弁解できないのなら】

確かに、私の発言には言葉足らずの部分があったでしょう。 しかし、それについて弁明の場も与えられないのでは、ここに書くより他ないではありませんか!

Webサイトの管理人さんには、コメント削除の裁量権があります。 どの発言を削除しようと自由です。 ただし、「指摘や異論,発展性がないから」という理由で削除を行っていたのでは、管理人の姿勢が問われることにもなりかねません。

【矛盾していませんか?】

私が、「矛盾している」と思うのは、「マスコミの情報操作に注意しましょう。」と呼びかけておられる方(かた)が、一方で、特定人物の発言を制限しようとなさっていることです。 それは、矛盾してやしませんか?

【もう1つの矛盾】

もう1つ、気になる点は、トラックバックに関する情報操作(感化)を行おうとされていることです。 少なくとも、私にはそう見えます。
ココココ赤字で強調されている部分に注意して読むと、何か、読者をミスリードに誘うような、意図的なものを感じてしまいます。

それは、情報操作ではありませんか?

言うまでもなく、何をどう表現しようと自由です。 個人を誹謗中傷したり、公序良俗に反しない限りにおいて。 ですので、私がここで、「それは少しおかしいのでは?」と素朴な疑問を述べることも自由です。
あらかじめ断っておきますが、拙記事は、個人を誹謗中傷してはおりません。 もし、この文章が中傷記事だと言われるのであれば、それこそ、何も書けなくなってしまいます。

【トラックバックの捉え方】

実は、私と先方様のトラックバックに対する考え方は似ています。 相違点は、トラックバックの送信に消極的(TAKO)か、積極的(SOBAさん)かだけだと思います。 当然、積極的なほうが声を広げやすいのも分かります。

SOBAさんは、トラックバック機能の周知に貢献しておられます。

SOBAさんの記事を読んで、「僕もトラックバックを送信してみようかな。」と興味を持つ初心者さんもおられるでしょう。 それは、良いことだと思います。

ただ、トラックバックが便利だからといって、あまりに積極的に使い過ぎると、関連性の薄い大量トラバ送信を誘発することになり、結果として、迷惑なオオカミ少年的ブロガーを生むことにつながる可能性があります。(←「心配しすぎだ。」と指摘されるのを覚悟の上で書いてます。)

SOBAさんが、「関連性の薄い、迷惑トラバはダメだ。」とお考えなのは、私も承知しております。 意見は同じなのです。

【私の声は届かないかもしれないけど】

聞いてください。 ほんの少し、耳を傾けてください。

もしも、もしもですよ、近い将来、SOBAさんのトラバ記事を誤解・曲解してしまった初心者さんが、「SOBAさんのトラバ・マナーに従って、関連記事へたくさんトラバ送信したら、『お前は迷惑だ!』と文句を言われた。僕はどうすればいいんでしょうか?」と苦情相談を持ちかけられたら、SOBAさん、あなたはその責任がとれますか?
「誤解するほうが悪い。」と言えますか? 読者の自業自得・自己責任だと言い切れますか?

【トラバの現状】

「迷惑トラバは、なくなって欲しい。」との願いは、同じハズです。

残念なことに、現状のトラックバックの使い方は、キーワード検索で合致した(自称)関連記事への大量送信が横行しております。 それは、今後もなくならないでしょう。

トラックバックは、ブログの大きな魅力の1つです。 「トラバ機能を外したブログは、もはやブログぢゃない。」と言っても過言ではありません。

すみません。 今、言い過ぎました。(眼鏡牛さん風に)

・・・

私は、先方様への発言権を失ってしまいましたので、この場にて小さき声を上げるに留めておきます。

以上です。


参考:反論とは、「もう一度考えてください」と伝えたいだけなのです。(304 Not Modifiedさん)

関連記事:トラバの操作方法を語る前に

・・・

〈追記〉

ブログ管理人やWebサイト持ちに対する発言規制は意味ないです。 むしろ、逆効果。 「これ以降貴殿のコメントは削除させていただきます。」と宣言されなかったら、私はこの記事を書かなかったと思います。

~ トラックバックのやり方。における、TAKOのコメント ~

SOBAさん

>杓子定規にマナーとか病的に言う方が時々います。

いますね。

「トラックバックを送る前には絶対にコメントしろ!」 「事前にコメントがない場合は削除するぞ抗議するぞ。」と言う人が。
他方では、「関連記事に大量トラバを送って、いったい何が悪い?」 「イヤなら削除すれば?」と開き直る人達もいて、まあどっちもどっちかな、と。

>要は心が大事、気持ちさえこもっていれば

本当にそう思っておられるのであれば、トラバ送信先の相手記事へのリンクを自エントリ内に貼ることなど、たいした手間ではないと思いますが、いかが?
とは言っても、リンクを張ればいいってもんでもありませんが。

気持ちは目に見えないもの。 だからこそ、明確に分かる「相手へのリンク」で表したほうが、実はラクなのではないかな。というのが私の意見です。

でわでわ。

名前: TAKO@ぽんす | May 24, 2005 05:27 AM

この↑、私のコメントに対するレスを以下に引用します。

~ SOBAさんのコメントより引用 ~

(TAKO氏)
>「トラックバックを送る前には絶対にコメントしろ!」 「事前にコメント
>がない場合は削除するぞ抗議するぞ。」と言う人が。
>他方では、「関連記事に大量トラバを送って、いったい何が悪い?」 「イ
>ヤなら削除すれば?」と開き直る人達もいて、まあどっちもどっちかな、と。

 僕が言ったかのように一見読み手に錯覚させるような書き方です。貴殿とのやり取りは発展性がないと判断しましたので、これ以降貴殿のコメントは削除させていただきます。

名前: SOBA | May 24, 2005 07:54 AM

上のSOBAさんの発言「僕が言ったかのように一見読み手に錯覚させるような書き方です。」を見ると、まるで、私(TAKO)が読者を誤読させようと狙っているかのように記述されています。
私がひと言も触れていない言外の事柄――ここでは、「そういう人達もいますね。」と語っただけであって、特定人物は名指ししていない。――について、「読み手に錯覚させるような書き方です。」と断言し、続けて、「これ以降貴殿のコメントは削除させていただきます。」とあります。

別の言葉に置き換えるなら、「読み手に錯覚させるような書き方です。」は、「私(TAKO)が誤読を誘う人間だから用心しろ!」という、読者への注意とも受け取れます。(あくまで、解釈の範囲内として。)

そこで私が、「SOBAさん、それは誤解ですよ。」と言いたくても、「貴殿のコメントは削除させていただきます。」と宣言されてしまったらコメントできませんよね。 これは、「私(TAKO)からの補足説明や弁明・反論を許さない。」という言論封鎖とも言えるのではないでしょうか?

SOBAさんがこのような強硬姿勢を示される理由は、本当に、「貴殿とのやり取りは発展性がないと判断」したからなのでしょうか?

私は、「もしかして別の理由があるのではないか?」と疑っております。

SOBAさんは、雑談日記ブログの中で「マスコミの情報操作に気をつけよう!」と数々の記事を書いておられます。 それはとても意義のあることです。 「トラックバックありがとうございます。」のお礼コメントが並んでいることを懸念しても、です。
一方で、SOBAさんは、トラックバックのやり方。について「最初に検索ありき」を主体に捉えていて、それに対して私が「ちょっと違うんぢゃないの?」と意見を述べたところ、

~ ひなたぼっこさんの追記より引用 ~

操作方法を知る前の、定義、前提条件とかを知りたければこの記事がお勧め。トラックバックに関しては薀蓄をかたむけるというか杓子定規にマナーとか病的に言う方が時々います。自分の投稿と関連のある記事があったら「自分も関連することを書いてます」と気軽にトラックバックを飛ばしあうことが大事だと思います。
  ↓
トラックバックに関して 当ブログでのトラックバックのやり方
http://sinden.blog6.fc2.com/blog-category-6.html

上記の部分が追加されました。

そのオススメ先はいかがなものか?と思いますが、本論ではないので触れません。

この追記部分に関して、私が先方のブログ上にて直接コメントしたら、SOBAさんから「僕が言ったかのように一見読み手に錯覚させるような書き方です。」と書かれ――「錯覚」なる言葉そのものが意識操作を狙った表現だと考えられる。――さらに、「これ以降貴殿のコメントは削除させていただきます。」と発言を禁じられてしまったワケです。

私のコメントの一体どこが問題だったのか? それすら聞けません。

果たして、SOBAさんはマスコミを堂々と批判できるのでしょうか?
SOBAさん自身、情報操作をやっていない。と言えるのだろうか?

私は、責めているつもりはありません。 ただ、お互いの誤解を解きたいだけなのです。

ポイントは、SOBAさんのブログにおける、「失われた私(TAKO)の発言権を復活してもらいたい。」というお願い。 この1点です。

|

« 職安と2匹のネコ(の続き) | Main | 先週のランキング(2005.5.16-5.22) »

Comments

 あっちのコメント欄の急転直下ぶりはどうなんだろう?発展性がないとは思えなかったし、非難とも読めなかったのですが、なんでああいう流れになったのか、、、

 ひとつTAKOさんに苦言を言わせてください。「耳を傾けてください」という記事の割には、括弧が多かったり、あるいはちゃかすようなレトリックがあったりで、読みにくいです。

 僕はブログ上の議論は「雌雄を決する」ためにあるのではなく、「誤解を解き、お互いに容認し合うための道をつける」ための物だと考えているので、ちょっと気になりました。

 ただ、お互いの意見に食い違いはないようなので、単に誤読からくる誤解のような、、、

Posted by: LSTY | May 26, 2005 02:59 PM

LSTYさん

>なんでああいう流れになったのか、、、

先方様に嫌われてしまったのかも、です。

>ちゃかすようなレトリックがあったりで、読みにくいです。

確かに、少しふざけすぎた感はありますね。 この、おふざけ感が悪意・邪気と取られる可能性はあるかもしれません。(反省)
私としては、「もう少し肩のチカラを抜きましょうよ。」とリラックスを促す意味も含めて用いたつもりなのですが、これが逆効果をもたらすのだとしたら、拙記事内の該当部分を撤回すべきでしょう。

カッコについては、もう一度見直してみます。

>「誤解を解き、お互いに容認し合うための道をつける」ための物

おっしゃる通りです。

ご指摘、ありがとうございました。 でわでわ。

Posted by: TAKO | May 26, 2005 03:26 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 発言が削除されるそうなので:

« 職安と2匹のネコ(の続き) | Main | 先週のランキング(2005.5.16-5.22) »