« iArtworkとiPod | Main | トラバの操作方法を語る前に »

May 16, 2005

Kakoさんへの返事

Kakoさんのコメントへの返事を兼ねて、トラックバックの話です。

話の経緯をご存じない方は、この記事「マスコミ批評のトラックバック」をお読みください。

返事は当初、コメント欄にと思ったのですが、書いてるうちに長くなってしまったので、こうして記事にしました。 それでは、返事を書きます。

~ Kakoさんのコメントから引用 ~

「トラックバックにマナーやルールは存在しない」という感想を持ちました。

存在しないというよりも、統一され明文化されたルールがまだないために混沌としている。といった印象を受けます。
でも私は、「実は(初心者を除く)多くのブロガー達は、本当は分かっていてワザと守っていないだけなのかも?」と勘ぐっているのですけども。

赤信号、みんなで渡っても死にやしない。(笑)

~ 同、引用 ~

よそのお宅にはよそのお宅のルールやこだわりがある

それは、あるでしょう。 ただし、その俺ルールが、「トラックバックする際は必ず事前にコメントで『今から送りますよ~。よろしいでしょうか~?』と挨拶してからトラバ送信すること!」だったりすると、「それは、変ぢゃないかしら?」と思ってしまいます。

トラックバックの送信そのものが「通知」の役割を持っているのだから。 元来、トラックバックは、「突然、勝手に、」送られてくるものなのです。

もちろん、通知以上の内容であれば、事前にコメントしても構わないし親切だとは思うけど、「事前にコメントが絶対必要。」という考え(オレ・ルール)は、やはりオカシイ。
どうしても、その相手にトラバ送信したければ、Kakoさんのおっしゃる通り「従うべき」なのでしょうね。(トラブルを未然に防ぐ意味でも。)
でも僕は、あまのじゃく男なので、そんな相手にこそ嬉々として「コメントなしトラバ」を送信するかもしれません。(笑)

この記事↓を読んでみてください。

トラックバックのネチケット(けーたのブログさん)

ここ↑のコメント欄での、あふらさんの発言と、それに素直に納得されている管理人・けーたさんとの遣り取りを読んで、何故、あふらさんは他人のブログにまで乗り込んで「オレ・ルール」を強要するのか、強制できるのか、私には分かりませんでした。 (こわや、こわや。)

この、「オレ・ルール」の強要話は、コチラの記事「マナーを語るマナー」へと続きます。

では、話を戻して、

~ Kakoさんのコメントから引用 ~

人の気持ちは微妙ですし、どんどん変わってもいくもの

微妙に変化していくからこそ、良いのだと思います。 変化を楽しみ、人を愉しむ。

~ Kakoの手文庫さんより引用 ~

トラックバックについても色々な考え方があります。ココログの「トラックバックのマナーについて」も、様々な意見が出されているのを拝見しました。そのことについて議論するのはいいことだと思いますし、そうやって意見を言い合うことこそがブログの醍醐味だと言えます。

どちらが正しくて、どっちが間違っているかの論争に終始するのではなく、また、理想論だけを追い求めるのでもなく、実効的なトラバ・ルールの確立を目指して行きたいものです。(お互いに。)

ココログマガジン ☆ 2005年3月号(ココログスタッフからのお知らせルーム)

まず第一歩として、ココログの提唱するトラバ・ルール――リンクを貼ってトラバする――を基本に据えて、各人が守ってみてはいかがでしょうか。 何事も基本が大切です。 基本を押さえてから、次に応用へ移るのが順序というもの。
最初から、いきなりの応用――リンクしないでトラバする――は、高等テクニックなので、ブログ経験の浅いウチは控えておいたほうが無難かと存じます。

ぽんすブログは昨年8月から始めて、まだ1年にも満たない若輩ですので、応用編はまだ先だと考えております。

・・・

~ ダーク・サイドからの声が聞こえてくる ~

ルークよ、そんな堅苦しいことを言わず関連記事だと思ったら気にせず打ちまくれ。 相手記事へのリンクなど不要。 他者への言及も要らぬ。 ルークよ、暗黒面はいいぞ。 お前も、トラックバックの暗黒面に入るのだ。

と、仮面の男が囁く。 オビ=ワンよ、僕はどうすれば?

オビ=ワン:「フォースを信じるのだ。」

ルーク:「いや、あの、トラックバックの話なんですけど?(汗)」

オビ=ワン:「フォースはお前と供にある。」

ルーク:「だからぁ、トラックバックなんだってば!」

ヨーダ:「若きジェダイよ、フォースを感じるのぢゃ。」

ルーク:「うわっ!ヘンなの出てきた!!」

ヨーダ:「フォースと共にあらんことを。」

ルーク:「……暗黒面に入っちゃおかな。」

ベイダー卿:「ルークよ、いいぞ。 それでこそ我が息子だ。」

(と言って手を掴む)

ルーク:(その手は妙に温かく、僕はちょっとイヤだなぁと思っていた。)


トラックバック禅問答は続くよ、いつまでも。


参考:リンクしないでトラバする(むだづかいにっき♂さん)
参照:むだの素(同上)

関連記事:ココログのトラバ・ルール

|

« iArtworkとiPod | Main | トラバの操作方法を語る前に »

Comments

 TBありがとうございました。

 TBのネチケットは難しいですよね。

 私は10年ほど前に趣味についてのメーリングリスト(ML)を起ち上げたことがあるのですが、そのころはまだインターネットをやっている人も非常に少なく、MLもあまりなかったこともあり、MLのネチケットで苦労しました。

 しかし、その後はMLが一般的になるにつれネチケットが定まるとともに浸透していき、その手のトラブルは少なくなったと感じています。

 ブログのTBについても、参加者の多くが共通認識としてもてるネチケットがそのうち定まり、浸透するのではないかと思います。それまでは、ブログを荒らされてもつまらないので、少しでもトラブルを発生しないように気をつけながら、ブログを楽しんでいきたいと思っています。

Posted by: けーた | May 16, 2005 at 12:33 PM

けーたさん

>TBのネチケットは難しいですよね。

私はもう、難しいと思っていません。 自分なりのトラバ・ルールが確立できたので。 もちろん、今後も、他者(他社)のトラバ論やブログ論を参考にしつつ調整していくつもりです。

>トラブルを発生しないように気をつけながら

わざとトラブルを起こしてみるのも、良い勉強になりますよ。 「短期間でスグ身につく!」って、どこかの英会話教室のCMみたいですね。(笑)

でも、あんまりオススメはしません。 トラブルメーカーとトリックスターは紙一重ですから。 でわでわ。

Posted by: TAKO | May 17, 2005 at 01:40 AM

ネタにされている様で。

ま 「勝手にTBしてなぜ悪い?」と言われているのですから 理解されてはいないのでしょう。

Posted by: あふら | May 21, 2005 at 09:56 AM

まあ、もともと「リンクしたという通知」のための機能がトラックバックのはずなのに、それに対して事前の通知が必要というのは「?」
と私は思います。
そこまで言うのなら、(できるのなら)トラックバックを停止しちゃってもいいのでは?と思うのですが…。
↓みたいな感じで、TBなんて無くても記事の紹介はできるわけだし。

なんだか、最近この手の話が多発している気がします。こことか。
http://at-most-countable.mo-blog.jp/at_most_countable/2005/04/at_bb38.html

Posted by: Lefty | May 22, 2005 at 12:45 AM

あふらさま

ようこそいらっしゃいました。
私、ぽんすブログ管理人のTAKOと申します。

>「勝手にTBしてなぜ悪い?」

イケナイコトカイ (by 岡村靖幸)


>理解されてはいないのでしょう。

私が何を理解していないのか、よかったら教えてください。

ブログ歴1年未満の僕は、まだまだ知らないことが沢山あると思っておりますので。


・・・

Leftyさま

>トラックバックを停止しちゃってもいいのでは?

「トラックバックよりも、コメントのほうが怖い。」と感じている管理人さんも少なくないワケで。(有名人ぢゃなくても、です。)

>なんだか、最近この手の話が多発している

これまでも、これからも、各所でいっぱい起きることでしょう。 お互いの脳内ルールのぶつかり合いが。

>適当主義の勧め

私もどちらかと言うと神経質なタチなので、少しはテキトーに振る舞わないと身が(心が)もたないなあ。と、いちおう反省。

紹介されたリンク先の遣り取りを読んでみて、少し「あれ?」と思ったのは、「トラックバックはコミュニケーションのツールだ」と捉えている人(ecotakaさん)が、ブログ上での人と人の交流を避けているように見受けられた点です。

「それは、矛盾してないかい?」と。

で、おそらく、ecotakaさんの認識する「トラックバックのコミュニケーション」とは、一方向トラバのことなのだろうと。 そして、「ブログ上での人と人の交流」が、記事間相互リンクなのではあるまいか?と思ったのです。
つまり、ecotakaさんは「相互リンク」に強い拒否感があるのかな、と読みました。 まあ、このヘンは軽く読んだだけなので断言はできないし、ココ(ぽんすブログ)で語ってもあまり意味はないのですけど。

にしても、小島さんにトラバを打つなんてこと、僕にはできない。(笑)

でわでわ。

Posted by: TAKO | May 22, 2005 at 04:51 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48425/4145433

Listed below are links to weblogs that reference Kakoさんへの返事:

« iArtworkとiPod | Main | トラバの操作方法を語る前に »