« ブログ、ブロガー、エゴイスト。 | Main | Kakoさんへの返事 »

May 15, 2005

iArtworkとiPod

私の巡回先ブログである、[AT]A-tak on PC Weblog の A-takさんの作成された「iArtwork」というフリーソフトが、週刊アスキー539号「ウィンドウズXP調査団(第275回)」に掲載されました。

[祝]iArtworkが週刊アスキーで紹介されました([AT]A-tak on PC Weblogさん)

iArtworkは、CDアルバムのジャケット画像を Amazon Webサービスから自動的に取得し、iTunesに取り込んでくれる便利なツールです。
さらに、iPod photo なら、再生中に画像を表示させることも可能らしい。(←これは、iTunesのアートワーク機能と iPod photo の連携。)

一瞬、「画像の著作権はどうなの?」と心配しましたけど、作者であるA-takさんがAmazonアソシエイト・プログラムに加入されているので、ツールを利用される方々がiArtworkを介してお買い物をすれば大丈夫なのかな、と。 もちろん、作者ご本人は強制などしておられません。 (自由です。)

【週刊アスキーについて】

週刊アスキーとは、って説明は不要ですね。 私もたま~に購入して読んでいる情報誌です。 PC以外の広範囲な情報も載っているので、というより、PC系の特集はあまり面白くなくて、実は特集以外の記事が楽しかったりします。(そう思ってるのは僕だけかな?)

~ S嬢のPC日記さんより引用 ~

ニュースで「へーー」って思ったのが、
「明治鍼灸大学が新入生全員に『ipod shuffle』を配布」というもの。

少子化の波を受けて、学生へ媚びを売る大学の姿がほんの少し垣間見える気がします。
週アスは、PC機器やネット界の最新ニュースが簡単にまとめられていて、ざっくり短時間で読むのにイイですよね。

【で、iPodです。】

iPodは、あいかわらず人気のようで、iPod mini とか iPod photo とか iPod shuffle とか続々と新製品が登場しています。
とにかくスゴイ人気で、「パソコン持ってないけど、彼氏から iPod mini をプレゼントされたの。どうしよう?」とか、「パソコンよく分かんないけど、iPod(20GB)買っちゃった♪」とかいう方々が急増しているようです。

例えば、ココ↓の掲示板。

Love iPod mini User Support BBS(Love iPod miniさん)

教えてクンが多いですねぇ。 iPod云々以前に、ネットやPCの初心者が多く見受けられます。 iPodのためにノートPCを買う――それが、iPodの魔力。もとい、魅力。 それにしても、誠実に回答されてる皆さんはエライです。 ボランティアなのに……。
教えてクンは、無償で答えてくれている先人達への敬意を表すべきです。 自分で調べもせず、回答をもらってお礼も言わないなんて失礼だろう?

時には、「調べ方」を教えただけで問題になることもあったりするけど、まずは自分のチカラでやってみては?

何ができるかできないか、機能が使えるか使えないかなんて、自分で試してみればイイだけだろ? マニュアル読めば書いてあるハズだし、調べりゃスグ分かる。 それで少しばかり経済的損失が発生したとしても、授業料だと思えば安いものだ。 くれぐれも、小事に固執して大事を見失うことのないように。

ハッ! 思わず熱くなってしまいました。(汗)

iPodの話ですね。 年始あたりから、6連装の車載CDチェンジャーが壊れてしまったので、購入をずっと検討中です。 が、QuickTime Movieが再生できる「iPod movie (80GB)」の登場は時間の問題だと思うので、も少し待ってみようかと。

「お孫さんの動画を iPod movie に入れて、おじいちゃんにプレゼントしよう!」などの、敬老の日キャンペーン作戦が展開される日も近い?

と、ここまで読まれたヒマな賢明な皆さんは既にお気づきのように、私は iPodを持っていません。 よって、iTunesもインストールしていませんからして、iArtworkも使ったことがないんです。 「自分が使ったことのないものを他人に紹介するな!」と叱られそうですけれど、巡回先ブログの管理人・A-takさん(しかも、同郷の熊本人)が作ったソフトが週アスに掲載され紹介されたことが嬉しかったのです。

iArtworkの存在は、A-takさんのブログを通じて以前から知ってました。 ただ、私自身が利用していないこともあり、ココ(ぽんすブログ)での紹介は考えていませんでした。

impress PC Watchのコラム:山田祥平のRe:config.sysでお馴染みの山田祥平さんが、ウィンドウズXP調査団(週アス)にて、「あまりにも便利で、もう手放せないツールとなりつつある。」と評価しておられるのだから、きっと有用なのでしょう。

【D-snap Audio】

最後に、チョッチ気になる製品として、パナソニックの「D-snap Audio」を紹介します。 あゆが宣伝してるアレです。

SDメモリーカード対応,3way充電,FMチューナー内蔵といった仕様です。 本体も小さいし、何より、SDカード対応なのが良い。 SDカードを3枚(128MB,256MB,512MB)+1枚(LUMIX FX1に付属の16MB)を所有している私としては、かなり魅力。
惜しむらくは、FM出力機能が搭載されてないこと。 FMで飛ばすことができれば、そのままカーステで聴けるのに。(残念)
D-snap Audio専用のオサレなFM出力モジュールが発売されないかなぁ。 まあ、ヘッドホン端子に接続して任意の周波数でFM電波を飛ばせる製品なら何でもイイのだけれど。

参考:■なぜに iPod shuffleがいいの?(π氏の雑記さん)
参考:webのフラットさが生む「教えて君」(他人の不幸は蜜の味さん)
参照:むだの素(むだづかいにっき♂さん)

|

« ブログ、ブロガー、エゴイスト。 | Main | Kakoさんへの返事 »

Comments

ニュースの概要はコチラで~す。

http://mac.ascii24.com/mac/news/ipod/2005/04/05/655182-000.html

あと、こんなのもあった。

http://mac.ascii24.com/mac/news/ipod/2005/04/01/655154-000.html

私立の高校では、学校からのお便りを全てメールでというところも出てきているようです。
紙経費と保存のためのコストの大幅削減になるんだそうだ。
新機器に対応していくというのも、生き残り策として必要なのかもしれないですね。

Posted by: S嬢 | May 15, 2005 at 06:42 PM

S嬢さん

ニュース・ソースのご提供、ありがとうございます。

iPodに限った話ではないのでしょうけど、学習用途としての利用価値もあるんですよね。 確かに、「音楽」だけを入れる必要はないワケで。
iPod愛好家の中には、好きな洋楽・邦楽の他に「落語」を入れて楽しんでいる方もいるとか。 しかも、シャッフル機能をONにして!
クラプトンを聴いていたかと思うと、次に、美空ひばりが流れ、志ん生の落語が一席続く。 うーん、いいかもしれない。(笑)

>学校からのお便りを全てメールで

Cc:とBcc:を間違えてメアド大量流出とかにならないか、チョッチ心配です。 きっと、MLを利用してるのでしょうけど。

>生き残り策として必要

現在の学生にとっては嬉しい話だと思いますが、日本の将来に先細り感がある今、大学の施策どころの話ではないのかもしれません。 iPod shuffleをもらって喜んでる場合ぢゃないゾ、と。

心配しすぎですかね。 でわでわ。

Posted by: TAKO | May 16, 2005 at 11:26 PM

iArtwork取り上げていただいてありがとうございます。
いやほんとiPod売れてるみたいですね。うちの部署14人中6人持ってます。この人は買わないだろうみたいな人も買っているので、びっくりします。アップル好調なはずです。
なんかiPodの裏の鏡面部分を磨いてきれいにするサービスなんかもあるらしく、とりあえずiPodに絡ませれば、何でも商売になる時代のようです(笑

Posted by: A-tak | May 17, 2005 at 02:21 AM

小学校の連絡網をメールで配信、なんてのも出てきたよ。

http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20050516i101.htm

Posted by: S嬢 | May 17, 2005 at 04:33 PM

A-takさん

>この人は買わないだろうみたいな人も買っている

それが、iPodの魅力。 そして、りんごの魔力。(笑)

iPodの主要部品の大半が、実は日本製だと言う話をどこかで聞いた(読んだ)ことがあります。

>iPodの裏の鏡面部分

この鏡面仕上げは、新潟県の町工場の技術が活かされてるそうです。

iPod大ヒットの裏で、影を落とす日本企業。 しかし、その iPodが、最高水準を誇る日本の技術で造られている実態を知るにつけ、HDD・シリコンオーディオ産業における国内大手メーカーの不振と Apple独り勝ち状態の真の原因が見えてくるような気がします。 機能とデザインと使いやすさ。 宣伝効果や、iTunesまで含めたトータルの製品(イメージ)として、iPodが売れている理由が分かると思います。 技術だけぢゃダメなのね、と。

携帯Audio探し・その後(MonoBLOGueさん)
http://naoki-m.cocolog-nifty.com/monoblogue/2005/04/audio.html

iPod には新潟の金属加工技術が生かされていた(Travellers Taleさん)
http://homepage.mac.com/travellers/blog/C1910009118/E2012730113/

iPodの裏側鏡面は日本の職人技だった!!!(Red x Black-MINI A Go Go !!!さん)
http://blog.livedoor.jp/rbmini_isoyan/archives/14987266.html

・・・

S嬢さん

ううむ。 既に、個人情報流出の不安は、実際問題として起こっているのですね。
元プログラマである私から見て、メール操作に不慣れな人達が危なっかしくてしょーがないのですよ。 IT企業の担当者(プロ)でも、「つい、うっかり」ミスしてしまうものですから。

情報ありがとうございました。 でわでわ。

Posted by: TAKO | May 18, 2005 at 02:36 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48425/4136404

Listed below are links to weblogs that reference iArtworkとiPod:

« ブログ、ブロガー、エゴイスト。 | Main | Kakoさんへの返事 »