« 地下鉄サリン事件 | Main | 屋根裏にネコが »

March 24, 2005

BS2でマクロス祭り

3月28日(月)のBSアニメ夜話は、「新世紀エヴァンゲリオン」です。

BSマンガ夜話(NHK)

エヴァが1時間かそこらで収まるとは思えません。 できれば、3夜連続でやって欲しいものです。 でもまあ、とにかく楽しみです。

関連記事「エヴァ25&26話

あと、翌3/29(火)は午前9:00から、「超時空要塞マクロス~愛・おぼえていますか~〈劇場版〉」が放映される予定です。

BS春休みアニメ特選(NHK)

さらに翌々日(3/30)は、「マクロスプラス」と「マクロス7」の劇場版が放映されるようで、BSマクロス祭りといった模様です。 「~愛・おぼえていますか~」は完全版DVDを所有しているので、観る(録る)のは「マクロスプラス」と「マクロス7」の2本立てでしょう。

ところで気になるのは、3/29のマクロスが「完全版かどうか?」ってことです。 それを確かめるために、たぶん観ると思います。

昔、超時空シリーズがTV放送されていた頃は子供だったので、戦闘機から人型ロボットに変形するバルキリーや、内部に一般居住施設を持つ巨大戦艦が変形して戦闘形態(=要塞マクロス)になる、いわゆる「ロボットもの」に興味の大半を集中して観てました。

少しだけ大人になって劇場版を観た時、そこには、男女の三角関係や異星人との戦争,異文化の認識などの側面も見えてきて、何より重要なのが、リン・ミンメイ(声優:飯島真理)の歌だということに気づいたのです。 マクロスは、アイドル・アニメでもあったのです。(気付くの遅い?)

文化の違いを埋めるのは、歌である。 「歌こそ最大の武器。」 マクロスのメッセージはここにあるのでしょう。

「歌」というテーマは、その後の「マクロス7」にも受け継がれました。 前作アイドル(リン・ミンメイ)のラブソングから一転してロックバンドの設定になりましたが、そのサントラCDの作品性は高く評価されております。

マクロス7について(マクロス7発信基地さん)

さて、「完全版」です。(話が若干ズレてました。)

7年ほど前、友人の家へ遊びに行った際、当時まだ珍しかったであろう自慢の5.1chサラウンド・システムで観たLDの「完全版」が強く印象に残ってます。 ラストのエンドロールに感動して、そこだけ2回観たりしました。(完全版のポイントはそこなのです。) ま、とにかく劇場版はTVシリーズと違って丁寧に作られてますし、シナリオも違うし、美樹本晴彦さんの描くキャラもちゃんと動いているワケです。 「マクロス」を少しは知っているという方にオススメします。

完全版にこだわる私は、主題歌「愛・おぼえていますか」よりも、「天使の絵の具」のほうが好きなのです。 時々聴いてる飯島真理さんのアルバム「GOLD」は廃盤になってしまいましたが、安価な「NEW BESTONE」として再販されています。

このベスト盤には、スプーンおばさんの主題歌「夢色のスプーン」が収録されており、それも良い点です。

|

« 地下鉄サリン事件 | Main | 屋根裏にネコが »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48425/3415644

Listed below are links to weblogs that reference BS2でマクロス祭り:

« 地下鉄サリン事件 | Main | 屋根裏にネコが »