« チョコレート | Main | ホストファイルフィッシング »

February 16, 2005

人命は尊いと言うけれど

【人命は尊いもの】

人命は尊いものです。

これに異を唱える人は少ないでしょう。 命は大事です。 では、「人命は尊い」ことを具体的に行動で示すとしたら?

  • 被災地のボランティア活動。
  • 義援金などの募金活動。
  • 子供達に教え、諭す。
  • 反戦運動に参加する。
  • 生かされていることへの感謝の祈りを捧げる。

これくらいでしょうか、すぐに思いつく行動としては。

もう1つ、車を運転している人にだけ、できる活動があります。 それは、

信号機のない横断歩道で渡ろうとして待っている歩行者を見つけたら、止まること。

本当に「人命は尊いものだ。」と思っているのなら、歩行者優先の意識で運転するのは当然のこと。 それができないのは人命尊重を本気で考えていないからです。

【横断歩道の意味】

「横断歩道と人命尊重は別だ。」と反論される方がいたら、よく考えていただきたい。 「横断歩道は何のためにあるのか?」を。 歩行者は生身の人間です。 クルマという走る凶器の行き交う道路を安全に渡るために横断歩道はあるのです。 にも関わらず、歩行者を無視し、もっぱら信号機と前車の挙動しか見ていない多くのドライバーは人間を軽視し、そして人命までをも無視していることになります。

そりゃ信号にだけ従っていれば良いのだからラクでイイよね。 そうやって、信号のない横断歩道での認知と判断と制動を放棄して、何も考えなくなっていく怖さ。 自分で判断しない(できない)ことがもらたす悪影響が今、社会に現出しているとは思いませんか?

~ All about 横断歩道より引用 ~

一番大切なのは、立場が弱い歩行者は車が止まるまで横断歩道を渡ることができません。
車の方から譲歩してあげなくては「弱肉強食」になってしまうので、とっても寂しい気がしますし、
「大きな力を持つ者は、大きな責任も背負う」という責任感も大切だと思います。

このサイト↑では、横断歩道とクルマについて信念を持って丁寧に論じてあり、とても参考になりました。 ここの「横断歩道に関するコラム達」を読んで、この記事を書こうと思った次第です。

【責任と義務】

クルマを運転することは楽しいし、所有欲やステータス性を満たすこともできます。 しかし、クルマには義務と責任が伴うということを大前提として捉えておく必要があります。 言うまでもないことを、あえて言う。 基本を忘れないこと。

他人の自己責任にはギャーギャー騒ぐくせに、いざ自分の責任を問われた途端、逃げたり責任転嫁したりする情けない日本人。

タバコを見習って自動車メーカーも、「クルマは人命を損なう恐れがありますので、スピードの出し過ぎに注意しましょう。」とか、「横断歩道を渡ろうとしてる人が居たら、普通は止まるよね?」とかいうCMを打ったりしないかな。 ハード面(車体)の安全だけでなく、ソフト面・運用面で安全意識に訴えかけるCM作りをしても良いハズ。 メーカーのイメージUPにもつながると思うんだけど。(三菱自とか) ディーラーの営業担当が安全運転をユーザーに啓蒙するってのもアリでしょ。 ただ売るだけが能ぢゃないんだし。

【HONDA:トラフィック・マナー】

なぜ、渡ろうとしている歩行者が横断歩道にいても止まらないのですか?(HONDA)

【ひき逃げ予備軍】

ひき逃げのニュースを見るたび、「犯人は普段から歩行者のことなど少しも考えてなかったんだろうな。」と、怒りを覚えます。

横断歩道を「普通の道路」だと誤解している危険なドライバーはかなり多い。 ハッキリ言おう、「横断歩道の歩行者を無視するドライバーは、ひき逃げ予備軍だ」と。

信号機のない横断歩道で停止しない自分を正当化するための言い訳はたくさんあると思います。 そうやってマヒしていくのですよ。 マヒした思考が人命軽視につながって、利己主義が蔓延し、ヘドロのように蓄積して様々な凶悪事件を起こしているのです。

【運転する資格】

クルマを運転する権利はあっても、その資格を持たないドライバーのなんと多いことか! 交通マナーを語る以前の問題です。 目の前の人間(歩行者)を大事にしないで、いったい何が大切だというのでしょう?

「それは偽善だ。」と文句を言う人がいるかもしれません。 横断歩道で止まることは偽善でもマナーでもなく、そもそも、道交法上の義務(第38条)です。 もし忘れているのであれば自分の記憶力を疑ったほうが良いし、ついでに免許証も返上したほうが良い。

この記事を読まれて、心当たりのある方もおられることと存じます。 いきなり、「今日から止まってください。」とは言いません。 ただせめて、信号のない横断歩道で歩行者を無視して通り過ぎてしまった時には、「止まらなくて、ごめんなさい。」と謝罪する気持ちを持って欲しいものです。 もちろん、ちゃんと停止するのが理想です。 ホントは理想なんて言葉は使いたくないけど、現状を見る限り、「理想」と書かざるを得ません。 悲しいことです。

(2006/8/7 18:00 加筆・修正)

関連記事:
ぽんすブログ: 横断歩道で停止しないクルマ
ぽんすブログ: 横断歩道、93%の無関心。
S嬢のPC日記:交通ルールとその実態

|

« チョコレート | Main | ホストファイルフィッシング »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 人命は尊いと言うけれど:

« チョコレート | Main | ホストファイルフィッシング »