« おならプープー族 | Main | チョコレート »

February 10, 2005

大黒様

昨夜(2/9)のドイツW杯最終予選対北朝鮮戦、2-1で日本が勝ちましたね。

列島感動!!ロスタイムに“大黒様” 日本救った(サンスポ)

勝って良かった。(ホッ)

「このまま1-1で同点ドローかな。」と諦めかけてたところに、後半ロスタイムで奇跡のゴール! まさに劇的勝利でした。

でも、どうなんだろう? あのまま同点ドローで引き分け、勝ち点1 → サポーター激怒&乱闘騒ぎ → ジーコ更迭 → 監督交代 ……というシナリオのほうが来年(ドイツW杯)の日本代表にとって良かったのでは?

私は、後半開始時点から中村俊輔(レッジーナ)と高原直泰(ハンブルガーSV)が投入されるものと思っていました。 ところが交代したのは失点してから。 それぢゃ遅いでしょ。 失点してから替えるのなんてシロートでも出来るのでわ?

昨日のNews23でサッカー解説員の中西哲生さん(ミドレンジャー)がおもいっきりジーコ批判してました。 私も同意です。 ジーコ采配の不可解さは以前から問題になってました。 そして昨夜の試合でハッキリしました。 ジーコ・ジャパンは弱くなってる。 代表チームとしては、トルシエ監督の頃が強かったと思います。

ただ、大黒将志(ガンバ大阪)の起用は当たったワケで、結果的に日本代表だけでなくジーコ監督自身をも救ったことになります。 「さすが、ジーコ。」と誉めてあげましょう。(笑)

~ 彼がすべて悪いわけではない。さんより引用 ~

明らかに流れが悪いのに、選手を替えない試合勘の悪さ。後半最初から俊輔を出していれば明らかにあの失点はなかった。そして、実戦でまともに使ってない大黒の起用。そのすべてが勝利で帳消しになるんだから、強運の持ち主。

確かに、運だけは強いですね。 どこかの首相と同じで強運だけが頼りの危ない綱渡り。 今後も薄氷を踏む思いで政権運営試合観戦しなくてはならないのでしょうか。

もう1つの問題、懸念されていた日本人拉致に関する政治的緊張が与える影響は、特に何もなく平穏無事に終了しました。 世界一マナーが良いと評判の日本人サポーター。 でも相手が北朝鮮では何かあるかもしれないと心配していたけれど、あっけないほど平和でしたね。 それとも、トラブルの報道がされてないだけだったりして?

これで、昨年のアジアカップでの中国人の民度の低さがより一層目立ちますね。 観光客にモノを投げつけるなんて、中国人は頭おかしいよ。 その怒りの矛先が日本でなく中国当局に向けられる日はいつなのか。

|

« おならプープー族 | Main | チョコレート »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48425/2875832

Listed below are links to weblogs that reference 大黒様:

« おならプープー族 | Main | チョコレート »