« ヒューズ切れ | Main | 成人式は30歳に »

January 11, 2005

UPSのススメ

「UPSの勧め」と書くと、なんだかマルチ商法の勧誘のようですが、違います。

UPS=無停電電源装置の話。

HDDは精密機械です。 昨今はノートパソコンを始めとしてカーナビやDVDレコーダー,iPodなどHDD搭載機器が普及してます。 HDDが一般家庭へ広まるに従ってHDDの耐衝撃性能も高められてきております。 しかし、HDDがデリケートな機械であることに変わりありません。

そして、保護しなくてはならないのは外的衝撃からだけでなく、停電と瞬電に対しても注意が必要なのです。

私は以前、仕事で使っていたPCのHDDが瞬電でクラッシュしてしまったことがあります。 RAIDでミラーリングしていたにも関わらず、その2台ともダメになったのです。 データ保護のためにRAID 1で組んでいたけど、肝心の電源は何の対策もしてませんでした。 結局、データのサルベージや復旧作業で2日ほど仕事ができなかったのです。

そんな苦い経験から、自宅ではHDD内蔵機器に関してはUPSから電源を取るようにしています。 万一、停電が起こっても慌てずに対処(作業データ保存~シャットダウン)できるからです。 コツとしては、モニター電源もUPSから取っておけば目で見ながら作業できます。 さらに、RS-232Cケーブルを接続すれば自動シャットダウンも可能です。

また、雷サージ対策としてもUPSは有効です。 停電が起きやすいのは落雷時ですが、同時に過電圧(サージ)が発生することがあり、これも家電へのダメージとなります。

雷対策サイト(APC)

なお、ノートPCやiPod等はバッテリーを内蔵しているので停電しても問題ありません。 UPSは不要でしょう。

さらに、以下のようなご家庭もUPSは不要かと思われます。

A.家電がない。

B.HDD搭載機器がひとつも無い。

C.自家発電装置に切り替わるしくみになっている。

D.電気が止められている。

E.停電も瞬電も落雷も今まで一度もない。

というワケで、HDD搭載家電のリスク対策として、無停電電源装置(UPS)の導入をオススメします。 UPSにも色々あって、OAタップの形をした数千円のモノから業務用の100万円以上まで多々あります。

関連記事「ヒューズ切れ

|

« ヒューズ切れ | Main | 成人式は30歳に »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48425/2523693

Listed below are links to weblogs that reference UPSのススメ:

« ヒューズ切れ | Main | 成人式は30歳に »