« 窓辺にて | Main | 爪切り »

December 12, 2004

紳助暴力事件

紳助が略式起訴で罰金30万円(日刊スポーツ)
傷深く復帰見通したたず 被害女性が心境つづる(熊本日日新聞)

以前の記事「輪廻転生」で書きましたが、被害側の女性マネージャは島田紳助に引退要求まで迫っているようです。 しかし、引退要求はやり過ぎ。

~ 【彼がすべて悪いわけではない】さんより引用 ~

罪を認めて罰を受け謝罪しているのに、芸能活動の引退までも要求するとは……まさに弱者のファシズム。被害者だからって、何をしてもいいってわけじゃないのにね。

被害者が一転して攻撃側になる。 こんなヤツを飼っていた吉本興業にも非がありそうです。 まあ、いろんな社員がいてもイイけど、いつまでも被害者ヅラは通用しませんよ、と。

~ 神戸のグルメな焼き鳥屋 とり梅さんより引用 ~

交通事故の後に取れるものはとことん取ってやろう的、被害者をよく見かけますね。
そう言うものを感じません?

感じます。 でも、金銭目当てなら刑事告訴などせず示談にするハズ。 社会的制裁を受けた加害者に、さらに引退まで要求するのは金銭の請求よりも非道いと思います。

暴力を肯定するワケぢゃないけど、強い口調で言わないと分からないヤツもいるし、時と場合によっては肉体的な刺激を与えてあげないと理解しないバカもいます。 今回、紳助さんはその相手を間違えたということなのでしょう。

「松紳」は松本人志ファミリーに乗っ取られ、「まさかのミステリー」は磯野貴理子やダウンタウンが司会し、「行列」は今田&東野のWコージが進行しています。 島田紳助が出なくなって、バラエティ番組の司会役に大きな穴が空くと思っていたけど、その心配は不要だったようです。 世代交代ですかね。

もしかして、紳助さんは「このまま引退して沖縄でのんびり暮らそう。」と考えているのかも?

~ オバケはいるの?さんより引用 ~

紳助と言えば司会というくらい、彼には一番合っている職業だと思う。

そうですね。 大物芸能人相手の司会では、さんまと紳助が面白い。 ジャンル的には主にスポーツと恋愛がさんまで、法律や鑑定や政経と幅広いのが紳助かと思います。

~ 瀬戸のしおかぜさんより引用 ~

彼女を言葉で諭し切れず、手が出たんだと想像します。

そうかもしれません。 しかし、それが自らの芸能人生の命取りになろうとは思ってなかったのでしょう。 事件当時、紳助自身に実害はなかったのに、女性マネージャの言動を無視できないほどの「何か」があり、行きすぎた正義感から暴力を振るってしまったのだろうと思います。

松紳で「ムカつくことがあっても、相手は(人間に生まれたのが)1回目やと思えば腹立たへん。」と言っていたのに、残念です。

~ めるへんすてーしょんさんより引用 ~

いなくなったら大変だ、と思われているような人でも、実際にいなくなってみると大したことがないのでしょうか。どこか寂しいですね。

会社も同様です。 突然キーパーソンが去っても、さして影響ないのが組織というものですし、そうでないと潰れてしまいます。 寂しいですけど、大物司会者の穴を埋められるほど若手が育ってきたと納得するしかありません。

やっぱり引退するのかな? もし引退したら、紳助さんには「お疲れさまでした。」と言ってあげたい。

|

« 窓辺にて | Main | 爪切り »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48425/2246332

Listed below are links to weblogs that reference 紳助暴力事件:

« 窓辺にて | Main | 爪切り »