« 千と千尋の神隠し | Main | フィブリノゲン »

December 11, 2004

フィッシング詐欺

最近、Yahoo!やVISAのWebサイトを装ったフィッシング詐欺が発生しています。

いまそこにあるフィッシング詐欺、シマンテックが実態調査(@IT)
「フィッシング詐欺」が日本に本格上陸・警察も捜査(日本経済新聞)

実際どうなっているのか、ココ↓に詳しい報告があります。

ヤフーからの通知を装った日本語フィッシングで何が起きていたか(高木浩光@自宅の日記)

高木さんの日記↑を読んだ感想として、「ここまで巧妙に偽装されてたら、私も騙されちゃうかも?」と思いました。 詐欺師の技術レベルは高いです。 そんなこと誉めたくはないけど、侮ってはダメだということ。

自衛策としては、Webページで情報入力する際に「その入力事項は必要なのか?妥当なのか?」と自問自答し、怪しいと思ったらサイト管理者に確認することでしょうか。

でも担当者が「分かってない人」だった場合、問題がややこしくなるだけかもしれません。 サイト管理者がプロとは限らないのがネット社会。 企業のWebサイトの脆弱性を指摘してあげても、無視されたり、黙って修正されたり、「不正アクセスだ!」と逆に訴えられたりしますからね。

ACCS事件は記憶に新しいと思います。

~ World Wide Walkerさんより引用 ~

マスコミの報道が office 氏の行動だけをとりあげ、ACCS が被害者面して居直っているのが非常に腹立たしい。氏の行動の是非はともかく、放置されていれば個人情報は悪意のある第三者に利用され続けていた可能性も高い。それを無視し、今回の情報開示による当該サイトの閉鎖を「威力業務妨害」だと言うのは苦笑を通り越して腹立たしい。

ACCSは非道いですよね。 確かに、office氏の行為はやりすぎですけど、ACCSは氷山の一角。 他にも(善意による)脆弱性の指摘を門前払いする企業や団体は多いと思います。

・・・

自衛策と言えば、振り込め詐欺(通称:オレオレ詐欺)も同様に、「その入金は必要なのか?妥当なのか?」と自問自答し、怪しいと思ったら本人に確認することですかね。

そもそも、緊急に口座振込が必要な事件や事故なんて、ないでしょ。 皆無と言ってもいい。 そんなコトを電話で早急に要求してくる時点で何らかの犯罪性を感じるのが普通。 しかし、パニック状態に陥っている被害者には、そんな発想など浮かばず、とにかく身内を助けたい一心で振り込んでしまう。 それがヤツらの狙い。

「盗られたのはお金だけ。強盗に入られて命が脅かされるよりはマシだわ。」と思うしかない。

やな世の中です。


関連記事:不当請求

|

« 千と千尋の神隠し | Main | フィブリノゲン »

Comments

俺はインターネットやっているけど、クレジットカードなんか持っていない。
インターネットをやっている人のほとんどがクレジットカードを持っている事に目を付けた犯罪だ。
インターネットが出はじめた頃、インターネットそのものがマスコミで話題になっていた。
特に話題にしたことは買い物が出来ることだ。
例えばインターネットでこんな物が買えるとか。
今はマスコミはインターネットを眼の敵にしている。
その頃は全てのプロパイダーはクレジットカードが無いと契約できなかった。

Posted by: U.T | February 07, 2005 at 04:02 PM

確かに、「その入力事項は必要なのか?妥当なのか?」と自問自答することは必要ですね。しかしながら、詐欺師は心理的な揺さぶりを武器にしますから、いつでも自問自答できるように自分を強く持つことも必要ですね。
TBいたしました。

Posted by: kanconsulting(かん) | February 08, 2005 at 01:22 AM

U.Tさん

はじめまして。

>今はマスコミはインターネットを眼の敵にしている。

そうでしょうか? 昔はそんな時期もあったかもしれませんが、これだけネットが生活に密着している現在、目の敵になんてしてたら、そのマスコミはとっくに潰れてますよ。 共存して賢く利用しなきゃ。
身近な例として、ドコモのiモードだって「ネット接続サービス」なのですから、敵視なんかしてる場合ぢゃないのです。

>その頃は全てのプロパイダーはクレジットカードが無いと契約できなかった。

「全て」というのは間違い。 当時から口座引き落とし可能なプロバイダはありました。 例えば、BIGLOBEとか。 TikiTikiも可能だったような気がしますけど記憶が定かではありません。 また、一部ではコンビニ決済という方法もあります。

知らない領域を無視して、「全て」と断言してしまうのはいかがなものかと。(笑)

U.Tさんは、口座振替できないプロバイダが憎いのか、クレジットカード自体がお嫌いなのか、主語がよく分かりません。 文体は断定口調なのに、そのターゲットが不明確なのが残念です。 また、初対面の他人同士にも関わらず、ぞんざいな記述でコミュニケーションに欠ける感があるのも重ねて残念です。 自分の意見を読んでもらいたいなら、それなりの書き方ってもんがありますよ。 ネットも実社会も基本は同じです。

クレジットカードを所持されないのは貴方の自由。 しかし、最近はキャッシュカードが危ない。 安全性の観点から見ると、クレジットカードのほうがまだマシと思うのは私だけでしょうか?

個人情報漏洩やスキミング被害等により、どちらも信頼性が低くなってきていることは確かですけどね。

・・・

kanconsultingさん

はじめまして。

詐欺師は頭イイです。 組織力にも見習うべき点があります。 ただ、その能力をもっと健全に行使して欲しいと願うばかり。 私のように純朴な田舎者など格好の餌食にされてしまいそう。 こわや、こわや。

「自分を強く持つ。」 常に平常心を保ち、不当な恐喝にも動じない。

これができたら詐欺被害に遭わないどころか、周囲からは「人格者」と一目置かれそうです。

マルチ商法とかアヤシイ新興宗教などもそうですが、「相手がいきなりカネの話を始めたら疑ってかかれ!」ということなのでしょう。

コメントありがとうございました。

Posted by: TAKO | February 09, 2005 at 12:11 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48425/2229534

Listed below are links to weblogs that reference フィッシング詐欺:

» フィッシング詐欺にご用心 [はじめてのNET懸賞生活]
ショッピングサイトやネット銀行などを利用している方も多いと思いますが、アメリカで急激に被害者が増加して、最近は日本でもフィッシング詐欺の報告が多いようです。 ... [Read More]

Tracked on December 19, 2004 at 08:42 AM

» フィッシング(phishing)詐欺 (E-mail Fraud and Identity Th... [国家破綻研究ページ]
昨年より、活発にフィッシング詐欺のメールが来ます。 興味ある文面につられてクリックしてしまうと、銀行などの偽装ログイン画面に導かれます。そのまま気が付かずにパ... [Read More]

Tracked on February 08, 2005 at 01:05 AM

« 千と千尋の神隠し | Main | フィブリノゲン »