« とき325号 | Main | うつ病社員が不当解雇で訴訟 »

November 19, 2004

皆、母親から産まれてくる。

当たり前のことだけど、人は皆、母親から産まれてきます。 哺乳類はすべてそうです。 胎内に宿った時から産まれた後までずっと、母と子の間には目に見えない深いつながりがあると思います。

子供にとって、ほとんどの母親は温かくて優しい存在です。 しかし、不幸にも冷たいダメ母の元に生まれてしまったら人生の何かが狂ってしまうでしょう。

~ 空猫の存在証明書さんより引用 ~

私がこうなったのは何もかも全て母親のせいだ、
と言い続けて一生を終えたいわけではありません。
そんなことしたって、自分が醜くなるだけで何も変わりはしない。

原因分析は大事です。 分かった上で、過去にこだわって後ろ向きの人生を歩むのでなく、未来に進もうとしている空猫さんを応援します。(草葉の陰から)
でも、結婚=(イコール)幸せではありません。 幸せの定義は人それぞれですけど、結婚はチョッチ違うと思います。 ちなみに、私にとっての幸せとは「OSをインストールしてる時。」です。(だめんず)

空猫さんの日記を見て、はぐみさんのブログの一文「母への手紙」を思い出しました。

~ はぐみのはぐくみさんより引用 ~

私の病気の根本は、
ママから子供の頃言われ続けた「あんたさえおらん
かったら結婚せずにすんだ」という言葉や、
毎晩のように竹刀でなぐられ、庭に裸で放り
出され、泣いておびえていた日々です。

ヒドイ母親ですね。 最低です。 子供に「自分は生まれてきてはいけなかったの?」と自己否定させる心を植え付けるなんて、考え得る限り最悪の子育てです。 想像はできませんけど、さぞかしツラかったことでしょう。

はぐみさんや空猫さんの症状に比べたら、私のうつ病など軽度です。 お二人には、いつか、「あなたはここに居てもいいんだよ。」と言ってくれる人が現れるとイイですね。

今、スピリチュアル・カウンセラーの江原啓之さんが多くの女性に支持を受けています。 霊能者と聞いて十把一絡げに「アヤシイ」と疑ってかかる人もいますが、テレビ東京の「えぐら開運堂」を見て、霊的な言葉以外の部分をよく聞いてみると、しごく当たり前の事をアドバイス的に言われているのが分かります。 霊能云々ぢゃなく、人間的に信頼できる人だと感じました。
江原さんの語る言霊には大きな優しさが含まれていて、それが現代女性の心に響いているのだと思います。

関連記事「スピリチュアル・ヴォイス

|

« とき325号 | Main | うつ病社員が不当解雇で訴訟 »

Comments

こんばんは。
TBありがとうございました。
幸せの定義は確かに人それぞれですよね。
自分なりの「幸せ」が見出せればいいなぁと思います。
生きていたいと思える目標がないと、今は不安定すぎるので、とりあえず結婚ということにしておくか、という程度の認識でいるようにします。

Posted by: 空猫 | November 20, 2004 at 09:45 PM

空猫さん

コメントありがとうございます。

生きる目標ですか。 私はないですねぇ。 自分が何のために生きているのか分からなくなってます。 目的があれば、それを実現するべく計画して毎日を元気に生きていけるのでしょうけど。

鶏が先か卵が先かという話で、まず目標ありきで動くのか? それとも、仕事の中で徐々に目標を見出していくのか? どっちでも良い気もするし、やっぱり将来のイメージを描いてから行動したほうが良いとも思うし。

とりあえず今は、再就職して給料で「Athlon64の自作PCを組み立てたい!」という程度の小さな夢があるくらいかな。(笑)

空猫さん、結婚できるとイイですね。

でわでわ。

Posted by: TAKO | November 21, 2004 at 12:17 AM

はじめまして。
今頃になってTBして下さってたのを知りました。
ありがとうございました。
小さい頃の記憶、思い出すのは辛いです。
記憶がスッポリ抜けている部分もあります。
母は未だに私の病気も、虐待等の事実も認めてくれません。
だけれど、私は母を憎めなくて苦しんでいます。
憎めればどんなに楽か…。
或いは、母が私を受け入れてくれたなら…。

Posted by: はぐみ | November 24, 2004 at 07:19 AM

はぐみさん

コメントどうもです。 やっと気づいていただけましたか。(ホッ)

実は「はじめまして。」ではありません。 はぐみさんのブログに何度か書き込んだことがありますので。 まあ、気にしてませんけど。(笑)

はぐみさんの母親の事は深く苦しい問題だと思います。 ただ、あなたには心配してくれる友人達がいます。 良いことです。

でも、本当に振り向いて欲しい人(母親)から虐待され疎まれる不幸。 親子の縁を切れれば少しはラクになれるのでしょうけど。

どうか、ご自愛ください。

としか私には言えません。 でわでわ。

Posted by: TAKO | November 26, 2004 at 12:04 AM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48425/2002891

Listed below are links to weblogs that reference 皆、母親から産まれてくる。:

« とき325号 | Main | うつ病社員が不当解雇で訴訟 »