« ちゅうかないぱねま | Main | 膝のりネコ »

November 16, 2004

北京オリンピックに思う

2008年開催予定の北京オリンピックで日本人選手に対するマラソン妨害があるのでは?と勘ぐってしまいます。

デリマ選手と妨害男
デリマ選手妨害の瞬間

今年のアテネ五輪では男子マラソン競技中にキチガイ男が出没し、ブラジルのデリマ選手を妨害した事件がありました。 北京ではキチガイぢゃなく普通に中国人が妨害してきそうな気がします。

~ たなぼたさんより引用 ~

おそらく今回もまた4年以上も刑は喰らわないだろうから、北京五輪の時にも再びおなじことを企むんじゃないの。

男子マラソン乱入男に有罪・執行猶予付き禁固1年(日本経済新聞)

執行猶予付きの禁固1年なので、北京五輪には余裕で間に合いますね。 中国当局は、キチガイだけでなく沿道で応援している中国人にも警戒しなくてはなりません。 いや、警察当局も中国人だから完全アウェーですねぇ、まさに四面楚歌。(笑)

ところで、アテネではデリマ選手から妨害男を引き離そうとした老人がいました。

~ Letter from Yochomachiさんより引用 ~

道路沿いの観客席から一人の白髭の男が敢然としてあのキチガイ男をマラソンランナーから引き離したのだ。ギリシャの年寄りはエライ!

確かに、このオジサンの行動は格好良かった。 果たして(反日派の)中国人はこのような良識ある行動をとれるだろうか? あの民度の低さではムリっぽいかな。 逆に、集団で日本人ランナーを邪魔するかもしれない人海戦術。

サッカー2004アジアカップで根深い反日感情が露呈した中国だけに、日本人選手への実力行使(妨害)はじゅうぶん予想されます。 アジア杯では、徹底した反日教育の成果を中国政府としては実感できたのでしょうけど、尖閣諸島問題ガス田開発原潜の領海侵犯など中国のイメージは悪くなるばかりです。

中国、原潜の領海侵犯認める「遺憾、誤って入った」 (朝日新聞)

中国側の「遺憾」を陳謝だと思うのは日本政府の勝手な(好意的な)解釈にすぎないし、「誤って入った」ワリには浮上もせず海上自衛隊の投下したソナブイを避けたりしていて、何らかの軍事的(or 政治的)作戦だったのではないかと思われます。

とにかく、全日空のCMを見ても中国に行きたいとは思いません。(まあ、経済的理由により何処にも行けないけど。)

|

« ちゅうかないぱねま | Main | 膝のりネコ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 北京オリンピックに思う:

« ちゅうかないぱねま | Main | 膝のりネコ »