« タンス株 | Main | 北京オリンピックに思う »

November 14, 2004

ちゅうかないぱねま

先日、中国籍の原潜が領海侵犯する事件が起きました。

中国原潜の侵犯/国際常識に沿った強い対応を(世界日報)

NHKのニュース7で当該事件が流れた時、父者から「即刻、沈めてヨシ!」という撃沈許可を頂きましたが、果たして、今の日本海軍に原子力潜水艦を沈められる戦闘力があるのか甚だ疑問だし、仮に爆雷などで撃沈できたとして日本の領海内で放射能汚染が発生しないかと不安に思ったりしました。

それにしても日本は狡猾な中国に何でもされ放題ですね。 国益のためなら反日教育だって何だってやる中国(と朝鮮)のバイタリティだけは認めたいです。(デリカシーは全くないけど。) 外務省が「遺憾の意を表します。」なんて言っても、外国人はおろか日本人にさえ効力はないと思いますよ。

日本外交は「高度な政治的判断」とやらで相手を刺激しないように動くのだろうけど、中国は「原潜を近づけて、これくらいの(弱腰な)反応なら、もっとイケル!」と考えているハズ。

日本政府は「日米安保があるからイザって時はアメリカが守ってくれる。」とカンチガイしていて、本当は合衆国から「都合のイイ貢ぐクン」程度に軽く扱われていることに気づかないのかな? 貢ぐと言えば、ODA援助で中国にも貢いでいるし、「北方領土はそのうち返すから、お金ちょうだい。」とロシア(旧:ソ連)にもダマされ続けてましたよね。

国連にも貢いでいるから、今後も常任理事国入りをエサにまた国費を注ぎ込むつもりなのかな。(入れるワケないのに。) つまり、国民は官僚達に搾取されていて、日本は世界に搾取されているということか。

このままでは北朝鮮か中国のどちらかから攻撃を受けるかもしれないけれど、イラクで香田青年が人質になった際に小泉総理が「自衛隊は撤退しない。」とイキナリ第一声で見殺し発言をしたように、もし日本が攻撃された時、今度はアメリカから見殺しにされるかも。 アメリカは2度も原爆を投下したのだから日本を見殺しにするくらい平気でしょ。

なんだか今日はタイトルに似合わず過激な発言ですね。>私

ま、たまにはいいでしょう。(笑)

|

« タンス株 | Main | 北京オリンピックに思う »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference ちゅうかないぱねま:

« タンス株 | Main | 北京オリンピックに思う »