« 電車男 | Main | ハンズフリーだって危ないゾ »

November 01, 2004

手ブレ補正

手ブレ補正機能はとっても便利!

現在、2台のデジカメを所有していて、2台とも光学手ブレ補正機構が付いております。

LUMIX FX1
Panasonic LUMIX FX1 (2004年1月購入)

撮像素子:320万画素1/2.5インチCCD
レンズ:光学3倍ズーム,F2.8~4.9
焦点距離:5.8~17.4mm(35mmフィルム換算35~105mm相当)
解像度:2048×1536ピクセル(ファイン)
記録媒体:SDメモリーカード,マルチメディアカード
定価:オープン価格

コンパクト機で初めて手ブレ補正機能を内蔵したのが、この「LUMIX FX5&FX1」なのです。 FX5とFX1の主な違いは画素数で、FX5が400万画素、FX1が320万画素です。 FX1を選んだ理由は、「とりあえず300万画素もあれば十分だし、ISO感度に余裕のあるFX1のほうが良い。」と思ったから。 値段も1万円ほど安かったので。(笑)

それより何より最大の目的は「友人の結婚披露宴を撮る。」というイベントが間近に迫っていて、「スーツのポケットに入る小ささで、披露宴会場の室内照明でもなるべくフラッシュ無しでブレずに撮れる」デジカメが欲しかったのです。

通常、蛍光灯の下で撮影するとシャッタースピードは1/15秒以下になります。 1/15秒は手持ちだと簡単に手ブレが発生してしまう設定であり、これを回避するには三脚で固定するか、フラッシュを発光するかしか方法はありません。 でも、三脚は重くて荷物になるし、フラッシュ撮影は白飛びしたり目が光ったりするのでキライなのです。

そこで、手ブレ補正です。 いつでも持ち歩けて、どこでもサッと取り出して気軽に撮れるコンパクト・デジカメに手ブレ補正機能が搭載される意義は大きいのです。 それまで一部の高級機や超望遠レンズのゴツいデジカメにしか採用されなかった光学手ブレ補正機能がエントリークラスの小さなデジカメに実装されたことは「革命」と言えるかもしれません。

ただし、手ブレ補正はあくまで補助であり、手ブレが完全になくなるワケではないので過信は禁物です。 しっかり両手でホールドして撮るという基本は守りましょう。

~ B-log Cabin TPさんより引用 ~

写真撮影失敗の原因は、非常にシンプル。コンパクト・デジカメの場合、多くはピンボケ、そして手ぶれである。 -中略- フラッシュ撮影よりもスローシャッター撮影の方が、場の雰囲気をより的確に表現している。

フラッシュ撮影って、自分のイメージと異なる写真になることが多く、正直イヤでした。 しかし、フラッシュ禁止にすると手ブレが発生しやすくなるというジレンマがあり、悩みのタネだったのです。 LUMIXは、そんな悩みを解消してくれました。

・・・

FX-1より先に買った(最初の)手ブレ補正デジカメが、オリンパス「C-2100 Ultra Zoom」です。 光学10倍ズーム搭載で遠くの被写体を大きく撮ることが出来ます。 「遠くのモノが撮りたい。」という欲求から、購入した1台です。
テレ(望遠)側での撮影の場合、手ブレの影響は如実に現れます。 特に10倍ズーム超望遠ともなると少し手元を動かしただけでファインダーから被写体が外れてしまったりするので、望遠域で不安なく撮影できる「手ブレ補正」はとてもありがたいです。

CAMEDIA C-2100 Ultra Zoom
OLYMPUS CAMEDIA C-2100 Ultra Zoom (2002年3月購入)

撮像素子:211万画素1/2インチCCD
レンズ:光学10倍ズーム,F2.8~3.5
焦点距離:7~70mm(35mmフィルム換算38~380mm相当)
解像度:1600×1200ピクセル(TIFF/SHQ/HQ)
記録媒体:スマートメディア
定価:138,000円

また、C-2100UZは画像処理に定評があり、オリンパスレンズの性能とも相まって、当時としては「発色の良さ」や「素直な描写力」という評価で一部のユーザから支持を得ており、E-100RSと並んで「名機」の呼び声もありました。 生産中止となった今では愛好者も少なくなりましたが、生産中止の発表前後には、もしものための保存用に複数台購入された方もおられたようです。 ネット通販などで価格が暴落したという要素も大きかったと思います。 かく言う私も5万円以下で購入しました。

C-2100UZ STABILIZER
「スタビライザ」のプリントが誇らしげです。

ただ、やはり古さは隠せず、コンパクト機でも700万画素CCDを搭載する今となっては絶対的な解像力不足は否めないものがあります。 全体的に動作速度も遅いですし、内蔵電池が切れており常に初期設定状態で起動するのが不満です。

・・・

次に欲しいデジカメは、「コンパクト機+手ブレ補正+広角28mmレンズ」の三拍子が揃ったデジカメです。 さらに防水・防滴ボディだと最強です。
キヤノン「PowerShot S70」に手ブレ補正機能があれば文句なく「買い」なのですけれど。 もしくは、パナソニック「LUMIX FX7」に広角28mmレンズを搭載するかです。 お願いしますよ、キヤノンさん、松下電器さん。

|

« 電車男 | Main | ハンズフリーだって危ないゾ »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48425/1826607

Listed below are links to weblogs that reference 手ブレ補正:

» iPod mini サイズの Panasonic Lumix FX7でブレ無しスナップ [B-log Cabin TP]
超望遠ズーム・デジカメの Lumix FZ3 とほぼ同時期に新規購入した、光学手ぶれ補正付500万画素コンパクトデジカメ Panasonic Lumix FX7... [Read More]

Tracked on November 01, 2004 at 08:17 AM

» 手ブレに注意! [デジカメ活用資料館]
━━━━━━【デジカメ写真教室】 これで疑問が解けた! ━━━━━ ◇―――――――――――――――――――――――――――――◇  |【今週の知識】  |  コンパクトデジカメは ピンボケ写真より           |             手ブレ防止に気をつけよう!     ◇―――――――――――――――――――――――――――――◇   銀塩カメラとの共通性: 有り  パソコン... [Read More]

Tracked on December 07, 2005 at 05:35 PM

« 電車男 | Main | ハンズフリーだって危ないゾ »