« のぞきネコ | Main | 手ブレ補正 »

October 30, 2004

電車男

「電車男」が本になりました。 ベストセラーになりそうな勢いで、amazon.co.jpでも10月30日AM5:00現在トップです。

電車男

普段は2ちゃんねるを見ない私でも、以前から「電車男」の文字や「めしどこか たのむ」というフレーズだけは何となく知っていて、先日(10/19)、エピソードを編集してまとめてあるサイトを読んでみて、その面白さに引き込まれてしまいました。 物語もさることながら、要所に入るアスキーアート(絵文字)が可笑しくて笑いました。

Web上の「まとめサイト」に行けばいつでも無料で読めるのに、¥1,365(税込)も出して本を買う必要はないのでは?と思ってしまいますが、「自宅にネット環境がなくて職場でジックリ読むのは気が引けるナ。」という方や「これから小旅行に行くけれど機内で何を読もうかしら。」という人は興味があれば購入してくださいませ。

「電車男」まとめサイト

注意1:ブラウザのフォントはプロポーショナル・フォント(MS Pゴシック)で見てください。
注意2:長いです。全ミッションを読むには結構な時間を要します。秋の夜長に最適?
注意3:まとめサイトは、2ちゃんねるではありません。 用語検索はコチラ。(2典Plus)

〈ここから先↓はネタバレの可能性があります。〉

(軽く内容に触れているので、「電車男」をまだお読みでない方は以降へ進まないほうが良いと思います。)

「電車男」とは、電車内で酔っぱらいに絡まれた女性を助けたアキバ系アニメオタクの青年(通称:電車男)が、彼女をデートに誘うため、2ちゃんねるの独身男性板(略称:毒男板)というモテない男達の集うネット空間にアドバイスを求めるというお話です。 初めは電話をかけることさえ躊躇していた青年が、毒男板の住人達の助言を受けて着実に成長していく様子が見てとれます。 後半、電車男の発言によって翻弄される住人達がまた楽しいです。 2ちゃんねるの住人達の応援があってこその「電車男」であり、この点が他の恋愛小説等と異なる魅力でしょう。

これだけ読むと、「2ちゃんねる」という巨大掲示板が善良な人達の集まりだとカンチガイしてしまう人もいるかもしれませんけど、実際は違います。 独特のローカル・ルールがあり、殺伐としていて、発言はケンカ越しで読んでいて気分が悪くなります。 なので、なるべく行かないようにしてます。 そんなサイトから生まれた「電車男」は奇蹟の物語と言えるかもしれません。

~ 【にけの独り言】ブログさんより引用 ~

「電車男」はバーチャルな世界を舞台にした現実の恋愛物語なのです。
この本、自分的には、今年一番の本です。お奨めします。

「電車男、大丈夫か?」 「これから2人はどうなるんだろう?」 「やっぱりフラれるのかな?」というドキドキ感はありますね。 普段、恋愛モノなど全く読まない、月9ドラマも見ない私でもハマってしまいました。 主人公と同じくモテない男として共感する部分もありましたし。

今回、書籍化するにあたって電車男本人と彼女さんに了解を得たそうです。 彼女さんが「電車男」のサイトを本人から教えてもらって見たらしいということを知って、ビックリしました。 もし自分なら……見せないかも。(汗)

「電車男は実話なのかネタなのか?」という疑問の声も一部ブログ等であがっております。 ですが、もし仮に架空の人物だったとしても、2ちゃんねる上でのやりとり(サポート)があったコトは事実であり、その書き込みを追って読んで行くだけでも、じゅうぶん感動できる話だと思います。 私は電車男が実在していると信じてますし、そうであって欲しいと願います。

|

« のぞきネコ | Main | 手ブレ補正 »

Comments

際限なく過激化する虐殺活動の現実に目を

虐殺は決して過去の話ではない。世界大戦時にもあったのは確かだ。しかし、それは単なる始まりにすぎなかった。脳、心理技術の発展が、殺人技術の果てしない残虐化をすすめた。
冷戦期の米ソを中心とした、マインドコントロール実験は、どんどんエスカレートしていった。60-70年代にはMKULTRA計画という一連の人体実験があり、文書で知られている。

計画はまだ続いている。メーザー・レーザーによる新しい脳・神経兵器が作られた。ビームは標的へと直進する。人工衛星システムによって、地球上あらゆる場所を狙うことができる。
人物を介してスパイが潜入することまでで可能である。究極の人間支配技術が、きわめて残虐な脳心理実験のために、悪用されている。

被害報告は、世界中で増加の一途にある。10年、20年・・・といった長期の被害も目立っている。人体実験は、拷問を加え脳へと影響を及ぼす。被害者人格の徹底的押しつぶしによって、多重人格に発展させる。日本でも数百名の報告がある。ビーム技術による包囲により、見えない密室での人体実験が続いている。

情報や制度が、犯罪の隠蔽と、被害者の人格抹殺のために悪用されている。数十年の拷問を受けたまま、非業の死を遂げたものもいる。犯罪スパイの影響は社会システム全体に行き
渡っている。被害者が何らかの人間的処遇を期待することは難しい。制度の適用されない動物の方がむしろ安全かもしれない。人権団体も訴えをもみ消すために使われている。
人々は、何らかの安全があるという平和的幻想に包まれている。社会の共同性は破壊され、情報は殺人の山を偽装するだけの道具になっている。

行動を支配するだけなら、兵器だけで十分に可能である。人体実験はナチス・ドクターに起源があるといわれている。脳・心理実験は、戦後ますますエスカレートした。根源には、
排他主義信奉者の集団凶暴化がある。脳・心理技術を扱う当事者の知性を、一体誰が改善させることができるのか。人々は日常的な心理学の悪用によって、幸福を奪われ続けている。
虐殺活動が蔓延する世界の現実に目を向けなければ、不幸な奴隷を増加するだけの結果になる。


参考
http://aja.mirai1.com/
http://see.mirai1.com/

後藤 貴裕

Posted by: GOTO | May 07, 2006 06:42 PM

ドストエフスキーだってオレが電波で動かしてるんだ
お前に毒電波を送ってやる待っていろ
タクシー金払えば何処まででも行くぞおぉぉぉ!!!

……というワケで、(どんなワケだ?)

GOTOさん、はじめまして。 当ブログ管理人のTAKOです。

なんだかよく分かりませんけど、アヤシイ電磁波に気をつけようと思いませんでした。 でわでわ。

Posted by: TAKO | May 15, 2006 10:56 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 電車男:

» 『電車男』読み終わりました。 [まるこ姫の独り言]
先日、ぽんすブログのTAKOさんに教えてもらった『電車男』の サイト!! へぇ~今でも読めるんだ~妙に納得!! [Read More]

Tracked on March 12, 2005 06:09 PM

« のぞきネコ | Main | 手ブレ補正 »