« 日本がアメリカを支えている!? | Main | 評価制度 »

October 01, 2004

壊れたコンポを直しておくれ、もちろん無償で。

SME,レーベルゲートCD終了を正式発表(Slashdot Japan)

avexに続いてsonyもニセCDの販売をやめるそうな。

~ moxa blogさんより引用 ~

最近ならSuperAudioCDとかDVD Audioとかあるし、ソニーがオーディオメーカーとして積極的に取り組んでいれば普及もそんなに難しくはないはずなんだけど。

憶測ですが、ソニーは、SACDやDVD-Audioなど新しい音楽媒体の普及への足掛かりとして、まず始めに既存のCD再生機器を破壊すべく、SMEを通じて「ニセCD」を市場に流したのではないでしょうか。で、ある程度の破壊実績に満足したので、今後、ユニバーサルプレーヤーへの買い換え需要に結びつけて行く作戦なのかも。
という邪推に基づくならば、新媒体の普及にソニーは積極的に取り組んでいたと言えるでしょう。(笑)

というワケで、ニセCDの再生が原因でCDプレーヤーが壊れてしまった人達に無料でユニバーサルプレーヤーを配るという事業をavexとsonyが共同でやってくれたらいいに。(まぁ、しないだろうけど。)

さらに、ニセCDでリリースしたアルバムはもう一度CDやSACD等で再販すべきです。(これは可能でしょ。)
本当はニセCDと無料で交換してもらいたいところですが。

ちなみに、今回のタイトルについて、私のは壊れてません。コンポを持ってないし、CCCDも買ってないので。
……と思ったら、1枚だけありました。

ジェニファー・ロペス「on the 6」(輸入盤)

コレって「COMPACT DISC - DIGITAL AUDIO」のロゴマークが入ってるけれど、詐欺ぢゃないのかな。
CCCDだと知っていたなら買わなかったのに。

|

« 日本がアメリカを支えている!? | Main | 評価制度 »

Comments

TBありがとうございますです。あと、今更のコメントでごめんなさいです。

自分の場合、CCCDはいくつか所有してますが、幸いにもそれでコンポやPCが壊れたりということはありませんです。(実はうちのMacはCCCDが読めたりします。)
強いて言えば、カーステのプレイヤーがトラック数を間違えるくらいですかね。

それにしてもなかなかの邪推です。もっとも今回はソニーの負けってことですけど。
そうですか、輸入盤でつかまされましたか。輸入盤にはあのセンスのないCCCDマークはついてませんからねぇ。

Posted by: もぐ from moxa blog | October 08, 2004 at 10:55 PM

もぐさん、コメントどうもです。

CCCDが読める=(イコール)問題ない。というのは少し違うような気がします。スグには壊れなくても、CCCDを再生することで機器の寿命が縮むかもしれないと思うからです。
正規のCDとニセCDとで再生時間の耐久性を比較する実験をどこかでやって欲しいものです。

輸入盤には「CDのロゴマークがあるのに実はCCCD。」というダマしの手口があることを初めて知りました。チェック方法が「購入後、CD-ROMドライブに入れること。」というのは、やっぱり詐欺でしょ!?

Posted by: TAKO | October 11, 2004 at 11:33 PM

Post a comment



(Not displayed with comment.)


Comments are moderated, and will not appear on this weblog until the author has approved them.



TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/48425/1563286

Listed below are links to weblogs that reference 壊れたコンポを直しておくれ、もちろん無償で。:

« 日本がアメリカを支えている!? | Main | 評価制度 »